身体リフレッシュ!酸素水比較サイト

カラダの芯までしっかり届く酸素水を探せ!

酸素水で疲れ知らずのアンチエイジングを!

酸素水とは、酸素を高い濃度で溶かし込んだ機能水のことを言います。酸素水をそのままペットボトルに詰めたタイプと、濃縮された原液を水で薄めるタイプの2種類があります。

高濃度酸素のおもな健康効果は以下の2つになります。

  • 新陳代謝アップ
    酸素を取り込むことによって、細胞が活性化され、肌や脳などがイキイキとします。また、免疫力アップなどの効果が期待できます。
  • デトックス効果
    疲労物質や脂肪・アルコールなど、身体にとって不要な物質を分解し、排泄を促します。これにより、疲れにくい体質への改善が見込めます。

このサイトでは、酸素濃度・価格・口コミ評価を軸に、人気の酸素水をランキングで紹介しています。さっそく見ていきましょう。

第1位
オーツーサプリ
酸素濃度:20,000ppm
容量:30ml/100ml
酸素水ランキング第1位!オーツーサプリの商品画像
形態 濃縮リキッドタイプ
特長 オーストラリアのプロサーファーやボクシング世界チャンピオン、オリンピック陸上選手など、世界各国のトップアスリートに愛飲されている。ドリンクタイプが多い酸素サプリの中で、数少ない濃縮タイプの酸素水。原液は20,000ppmという、類を見ない酸素濃度の高さを誇る。また、1回につき3~5プッシュ、好きな飲み物に吹きかけるだけという手軽さも人気を支える理由の1つ。酸素をミネラルで包み込んでいる(キレート化)ため、体内へ完全に吸収することができる。また、オーツーサプリに使用されている溶解型酸素は分子が小さく、水にしっかり溶け込むため「気が抜ける」ことがない。
オーツーサプリの口コミ

夜寝る前に飲んで朝起きると、目覚めの良さが全然違います!昼間も疲れにくく、眠気に負けがちな昼下がりもシャキッと過ごせます。

飲み物がまろやかになり、美味しく味わえます。目や肌にも直接使えるという用途の幅広さ・安全性にも惹かれました。

スポーツジムにいくときに必ず持っていきます。スポーツドリンクに混ぜて飲用していますが、ハードなエアロのクラスでも息が上がることが少なくなりました!

「酸素カプセルに入るには時間が足りない」という時に、同様の効果が得られるのは嬉しい。ほとんどのドリンクに使えるので、好きな飲み物を酸素水にできます。

第2位
オキシジェンドロップス
酸素濃度:110ppm
容量:60ml
酸素水ランキング第2位のオキシジェンドロップスの商品画像
形態 濃縮リキッドタイプ
特長 オキシジェンドロップスは、カナダの自然療法医により推薦されている濃縮酸素水。25年前に開発され、以来世界30ヶ国にわたり愛飲者を増やし続けている。肉類やソーダ飲料など、現代の食品はほとんど酸性に偏っており、バランスのいい食事を心がけないとすぐに身体が酸化してしまう。オキシジェンドロップスはPhが13.4で、強めのアルカリ性のため、身体の酸化を防いで細胞を健康に保つというはたらきがある。
オキシジェンドロップスの口コミ

水にまぜるだけなので、大抵の施設で手軽に酸素水を補給できて便利。健康意識の高い北米産なので、効果も期待できそうです。

最初は半信半疑でしたが、飲用すると確かに身体が軽くなり、体調が悪いときなども、ちょっと濃いめにして飲むと回復が早まるような印象があります。

第3位
オキシワッサー
酸素濃度:150ppm
容量:500ml
ミネラルもたっぷりの酸素水オキシワッサーの商品画像
形態 ドリンクタイプ
特長 酸素を水の分子と同じレベルにまでナノ化するという、国際特許を取った技術「デコオン方式」を採用。この技術によって作られた酸素水は、開封後48時間経っても酸素濃度100ppm以上を保ったり、さらに体内にも吸収されやすいという特長がある。また、溶媒である水も、沖縄の海洋深層水と富士山を源泉とするアルカリイオン水をブレンドした、こだわりのミネラルウォーター。
オキシワッサーの口コミ

健康用品に凝っている夫の影響を受けて購入。体調が悪いときや疲労時、二日酔いのときなどに飲むと、楽になります。

メタボが気になるので、酸素の脂肪分解力とバナジウムの糖尿病予防に期待して飲んでいます。疲労感を覚えることが少なくなりました。

第4位
オキシゲナイザー
酸素濃度:150ppm
容量:500ml
NASA採用の技術を用いた酸素水、オキシゲナイザーの商品画像
形態 ドリンクタイプ
特長 ヨーロッパで30年以上も続けられている飲む酸素の臨床研究を背景に、オーストリアのメーカーが開発した酸素水。ROウォーター(不純物の混ざらない精製された水)に通常の36倍もの酸素が溶け込んでいる。成分がシンプルであるため、安全性も高い。また、硬度が2度という超軟水であるため口当たりがよく、日本人の味覚にマッチしている。
オキシゲナイザーの口コミ

NASAが開発したろ過システムで水を精製しているらしく、安全かなと思っています。軟水で、他の酸素水より飲みやすいのが嬉しい。

ボトルがユニークな形をしており、オシャレに携帯できます。オキシゲナイザーを飲み始めてから、手足の冷えが改善されたような気がします。

第5位
バナジウム酸素水
酸素濃度:120ppm
容量:500ml
プロスポーツ選手御用達の酸素水「バナジウム酸素水」の画像
形態 ドリンクタイプ
特長 プロのカーリング選手、本橋麻里さんも愛用しているというドリンクタイプの酸素水。 「富士山を源泉とするバナジウム天然水に酸素をプラスした」という触れ込み通り、 バナジウム独特のまろやかな口当たりをキープしつつ、酸素水としての機能も確かな一品。 トップアスリートが勧めるだけあって、トレーニング用の水分補給にうってつけとされている。 酸素の発汗作用や集中力向上効果を体感することができる。
バナジウム酸素水の口コミ

バナジウム酸素水を飲んでいるとお通じがよくなり、ダイエット効果も期待できるような気がします。

ホットヨガを習っているのですが、身体を動かした後にこのバナジウム酸素水を飲むと疲れが取れるので、助かっています。

濃度・手軽さ・安全性が揃った酸素水

話題の濃縮タイプの酸素水「オーツーサプリ」の画像

濃縮酸素水、オーツーサプリのメーカーは、酸素カプセルで有名なタイムワールド。酸素カプセルに用いられる高品質な溶解酸素が、オーツーサプリにも使用されているんです。

濃縮タイプのため容器も小さく、バッグやポーチの中に入れて手軽に持ち運びができるのも魅力。

飲み物ならほぼ何に混ぜてもOKなので、いつでもどこでも酸素水を楽しむことができます。

驚きの高濃度をギュッと濃縮!

オーツーサプリの特長は、なんといっても20,000ppmという群を抜いた酸素濃度。

ただ、これは水に薄めない場合の濃度ですので、実際飲み物に溶かした場合はどうなのか計算してみようと思います。

ペットボトル1本分(500ml)に1回分3~5プッシュ(3~5ml)使用した場合の酸素濃度
  • 1プッシュあたりの酸素濃度=20,000ppm/500ml=40ppm
  • 3~5プッシュした際の酸素濃度=120~200ppm

水200mlの場合、1回の使用(3~5プッシュ)でおよそ300~500ppmという濃度の酸素水が作れることになります。

ほかの製品が100~150ppmということを考えると、やはり驚きの高濃度です。

これを実現したのは、溶解型酸素という、酸素カプセルで使われている特殊な酸素。

この酸素には、開栓後の濃度持続時間が長いという特長もあり、酸素水としての使い勝手も◎といえます。

スポーツ選手などのケガ治療や、疲労回復などにも使われる酸素と同じ物を手軽に摂ることができるのも、オーツーサプリの魅力ですね。

濃い上に吸収率もバツグン!アスリート評価も◎

オーツーサプリのもう一つの特徴は、酸素をキレート化させた技術。

キレート化とは、ミネラルやアミノ酸などでコーティングすることをいいます。この加工によって酸素が壊れにくくなり、気化する(濃度が薄くなる)割合がグンと少なくなります。

また、酸素が胃の中に入るまで酸素がしっかり保持されるため、体内での酸素吸収率がなんと100%。カラダのすみずみまで酸素を行き渡らせることができるのです。

プロスポーツ選手にも評判のオーツーサプリ

こうした効率の良い酸素吸収が評価され、オーツーサプリは世界中のアスリートが愛用しています。

特に、陸上競技・ボクシング・サーフィンなど「心臓に負担がかかりやすい」「スタミナが重要な」競技の選手からの支持が多いのが特徴。また、ゴルフのように、長時間の集中を必要とするスポーツの間でも、トップ選手からの支持が集まっています。

安全性もお墨付き

オーツーサプリは、FDA米国食品医薬品局の基準をクリアしており、品質の安全性も折り紙つき。

FDA基準もクリアしている酸素水

FDA米国食品医薬品局とは、日本の厚生省に当たる組織で、薬やサプリメントなどの治験や承認を行っています。

サプリメント大国のアメリカでは、その安全性や品質・効果について厳しい審査が実施されており、その予算はなんと、日本円で2000億円なんだとか!(日本は約12億円程度)

美容・健康効果が見込める酸素水を毎日の習慣にするなら、安全と品質が確保されたオーツーサプリが一番だと思います。

濃縮酸素水「オーツーサプリ」の詳細はコチラでCHECK!>>

このサイトの情報は、管理者が調査した情報です。
最新の情報は各リンク先から確認してください。

 
身体リフレッシュ!酸素水比較サイト