カラダの芯までしっかり届く酸素水を探せ!

HOME » 酸素サプリに関する基礎知識 » 自分でつくれるか

自分でつくれるか

最近話題の酸素サプリ(酸素水)について、自分で作れるものかどうか作り方を調べてみました。

酸素サプリの作り方は大まかに分けて3つ

酸素がカラダにいいことはわかったものの、それって自分では作れないものだろうか?好奇心旺盛な方は、そう考えることでしょう。

しかし、わたしが調べてみたところ、酸素サプリ、特に高濃度の酸素水を作るには専用の機械が必要です。

以下に、大まかに3つに分けることができる酸素サプリの作り方をご紹介します。

  • 高速攪拌法
    …高回転ミキサーで攪拌している水に酸素を送り、溶かしこむ。
  • 高圧酸素溶解法
    …高圧をかけて、酸素の浸透力で水分に酸素を充填する。
  • マイクロバブル法
    …特殊なミキサーでマイクロ単位の超微小気泡を水に送り、充填するという最新の方法。1.2の方法よりも高濃度(10倍以上)の酸素水を作れる。

いずれの作り方も大型の機械が必要で、自宅で実践するのは非常に難しいことがわかるかと思います。やはり、酸素水は専門のメーカーから購入するというのが一番の方法であるようです。

また、ゴミが気になるといった方なら、高濃度リキッドタイプ(水に吹きかけるだけで酸素水が作れるタイプ)の酸素サプリがおすすめです。

ちなみに、酸素カプセルを購入しようとした場合、20数万円~数百万円という価格になります。広いスペースが必要ですし、ランニングコストもかかります。サロンに行った場合なら、1回3000円~1万円というのが相場(約1時間)のようです。

そういった本格的な設備を利用するのは、まずは手軽な酸素水などで酸素の力を実感してからでも遅くはないのではないでしょうか。

 
身体リフレッシュ!酸素水比較サイト