カラダの芯までしっかり届く酸素水を探せ!

HOME » 酸素サプリに関する基礎知識 » 酸素サプリの種類について

酸素サプリの種類について

酸素サプリメントには、いくつか種類があります。各々の特徴を調べて、まとめてみました。

酸素サプリメントの種類を知ろう

酸素タブレット
酸素とともに、さまざまなミネラルやビタミンなどを顆粒や粒にしてとじこめたタイプです。

日本で発売されているものは、「独自製法」とのみ表記されており、どのようにして物質の中に酸素が入っているか、また酸素濃度がどのくらいか、というのはほとんどわかりません。登山のお供などに人気があるようです。

高濃度酸素水(酸素リキッド)タイプ
水の中に超高濃度の酸素を溶け込ませ、飲み物を飲むときに数滴~数十滴たらして酸素水を作るタイプの酸素サプリです。

製法は何種類かあるせいか、今回調べた中には、「肌への直接投与は厳禁」というものから、「化粧品としての使用や、点眼も可能」というものまでありました。

酸素水(ペットボトルのドリンク)タイプ
水に酸素を溶かし込んだ、現在もっとも一般的なタイプの酸素サプリ。手に入りやすいというメリットがあります。しかしながら、酸素の状態が一定でなく薄くなりやすい、酸素濃度がそもそもリキッドタイプに比べて薄い、といったデメリットがあります。

商品の表示上は「食品」のため、性能が良い酸素サプリメントを見つけるには注意が必要です。

酸素リキッドタイプに軍配!

それぞれのメリット、デメリットを比較してみると、高濃度酸素水(酸素リキッド)タイプの酸素サプリが一番メリットが大きいようです。

いつでもどこでも酸素水が作れる手軽さに加え、濃度の濃さも折り紙つき。

中には、口に直接スプレーしてもOK・コーヒーやアルコールに入れてもOK、という利用方法が多彩なものもあり、日常生活で使える場面もさらに広がります。

コスメポーチに入るサイズで、手軽に持ち運びできるというのも見逃せないポイントですね。

 
身体リフレッシュ!酸素水比較サイト