カラダの芯までしっかり届く酸素水を探せ!

HOME » 酸素水はこんな人にオススメ » ジョギングやランニングをする人

ジョギングやランニングをする人

ジョギングやランニングをより効率的に行うため、呼吸や酸素との関係をわかりやすく解説しています。また、注目の酸素水についても触れてみました。

効率的にジョギングやランニングを続けるために酸素について考える

酸素というものは、呼吸によって無意識に体内に取り入れられています。酸素の役割は大きく、疲労回復や脂肪燃焼はもちろん、内臓の動きを始めとした生きることを支えてくれる、なくてはならないものです。

特に、運動をする場合には、普通に生活している時よりも多くの酸素が必要になるため、その重要さをより知ることになります。運動をしている時に、酸素をしっかり取り込むことができれば血流が良くなる上、酸素の持つ乳酸を分解する作用によって、足が動かなくなったり、体が重くなることを軽減させてくれるのです。

酸素の摂取量には個人差があり、日常的に上手に十分な酸素を取り込める人も入れば、そうでない人もいるのです。運動をする際は、上手く酸素を取り込めるようにしておく必要があります。

プロのマラソン選手が、長い時間走り続けることができる理由は、酸素を上手く取り込んで、少ないエネルギーで動き続けられる筋肉を使っているからなのです。

つまり、ジョギングやランニングなど、長時間運動を続ける場合には、酸素を上手に取り込んで、運動疲れを体に溜め込まないように心掛けることが大切と言えます。

酸素を効率良く摂取できる酸素水

体力作り、ダイエット、趣味…様々な理由で、ジョギングやランニングをしている人がいることでしょう。そんなあなたをサポートしてくれるアイテムの一つが、酸素水(酸素サプリ)です。

運動をしている瞬間だけ体質を変えようと思っても、人間の体はそんな簡単に変化できるものではありません。

酸素水や酸素サプリを利用することで、日常的に酸素を体内に取り入れることができます。血中の酸素濃度が下がってしまうと、体が動きにくくなったりするので、普段から血中酸素濃度を上げておくことで、ジョギングやランニングをする体に対して、無理なく続けられるようにサポートしてくれるのです。

マラソン選手などプロのアスリートからの支持がある酸素水や酸素サプリですが、素人でも取り入れやすいのが特徴。ジョギングやランニングなどの運動が日課になっている人も、これから始めようとしている人にもオススメです。

血中酸素濃度の正常値

血中酸素濃度は、パルスオキシメーターという機械で測定することができます。正常値は96%~99%の間と言われていますが、普段から正常値より低い人もいるそうなので、すぐに病気を疑う必要はありません。

ただ、どんなに低い人でも90%を下回る事はほとんど無いそうなので、この場合は病気の可能性も考えて、医師への受診をオススメします。

 
身体リフレッシュ!酸素水比較サイト